キューバ実用マニュアル  【旅行編】 viajar  (2008年11月17日更新)

0、事前準備

★一人暮らしで長期滞在(1ヶ月以上)する場合は光熱費などのサービスを一時休止するとよい 
  ただし電気はビデオや電話の留守録、冷蔵庫などで必要だったりするので難しい
  安子の電話は一時休止できず解約のみなのでこれも難しい
  よって通常、水道とガスを休止する。1ヶ月未満の場合は基本料金が半額になったり日割りになったりして安くつく。

1、航空券の手配

Yahoo!トラベル海外航空券予約で検索してみる。 カナーリ安いのが見つかる。

★いろいろ相談したい場合はキューバに力を入れている旅行代理店に問い合わせてみる。
  主な代理店は以下の通り。
  メキシコ観光パセラ  アクロス  トラベルボデギータ

★ルートはトロント経由(エアカナダ)、メキシコシティー経由(アエロメヒコ+メヒカーナ)など

【参考】 トロント経由について実例

来月飛ぶことにしました。エアカナダの早割りというやつで、航空券代5万円台前半です。安いですね〜。
そのためキューバ滞在は8泊だけですが、短期しか時間が取れないって人は使えるんじゃないですか〜。

ヤフートラベルで検索すると結構安いのが見つかります。
12月前半までなら11月と同じ金額であるようです(バラデロにもいけるんだろうか)。俺はこの中のKC four P(アンドラーズ)を使いました。

(2005年10月13日・16日 りーど キューバ掲示板書き込みより)

初のカナダは以前の話題に上がったように地獄の寒さでした、でもそれはバスに乗る瞬間降りる瞬間のみで、
室内はどこも暖かく確かにTシャツだけだとキツイけどあとは快適でした。今度は夏に寄りたいな。
飛行機エアカナダは初めてでしたが前回のDELTAより格別に快適、アメリカ〜メキシコ経由はもう使わなくてもいいかな。て感想でした。

(2005年1月7日 ぐらんではぽねす氏 キューバ掲示板書き込みより)

ACの早割りはすごく安いですね。僕は¥67000でハバナまでの航空券を手に入れれました。
(2005年1月19日 masakazu氏 キューバ掲示板書き込みより)

【参考】 メキシコシティー経由(アエロメヒコ+メヒカーナ)について実例

航空料金が比較的高いことと、ティフアナを経由しなければならないことを除けば、特に支障はなかった。
ティフアナで手荷物を持ちいったん降りる。その際トランジットカードを受け取る。
そのまま入国手続きに向かうが、要所要所に係員が立っており誘導してくれる。
入国手続きは廊下のこじんまりした場所で行われる。パスポートのこの硬いページ(ICチップ)は何かと聞かれ無事終了。
階段をあがるとそこが待合室になっている。売店入り口にはロープが張られているが担当者がそのつど通してくれる。
トイレに行き、出てきて席に座るとすぐに搭乗開始となった。
翌日チェックインにいくと、まずキューバのツーリストカードの提示を求められる。すぐ横の廊下に窓口があり購入できる。
169メヒコペソ=15米ドルで購入しチェックインに戻り完了。
荷物はリュックとスポーツバッグとPCバッグを持っていたが、搭乗時に荷物は2つまでと言われる。
PCだから別口にしてるだけなのだが、どうしてもダメだというので、じゃPCはスポーツバッグに入れるというとOKされる。

(2007年7月1日 りーど キューバ掲示板書き込みより)

【参考】 カンクン経由について実例

今回、コンチネンタル航空で成田−ヒューストン−カンクン、そしてアエロカリベ航空(メキシカーナの傍系)で
カンクン−ハバナというコースで行ってきました。その日のうちにハバナに着きます。
このコースで行くのは5年ぶりですが、カンクン空港のアエロカリベのチェックイン・カウンターの場所が変わっていて、少し焦りました。
ハバナ行きの便は、メキシカーナのカウンターの並びの、「CLICK」というサインのある所でチェックインします。
ごく最近、メキシカーナの傍系会社のフライトをCLICKと呼ぶようになったようです。
(2005年7月13日 YM氏 キューバ掲示板書き込みより)


2、宿泊場所の手配

★トランジット(トロント、メキシコシティ等)先での宿泊場所は、
 次のホテル予約サイトで検索してみる。
 オクトパストラベル  アスクホテルズ  アップルワールド

★トロントでのユースホステル、ゲストハウスは、以下のサイトで検索してみる。
  トロントオンライン(ユースホステル) http://www.torontonline.net/travel/travel.html
  B&B JAPAN(ゲストハウス) http://www.bbjapan.net/link/


★キューバでの滞在場所は、カサなどの予約が次のサイトなどから可能。
 webhavana.com
メールで予約書を受け取り、それを空港入国審査時に提示

★キューバ人と結婚している人は家族ビザを取得すればキューバ人の自宅に住むことができる。  (以下、参考資料参照)

【参考】 エアカナダ、トロント経由について実例

俺がいつも使っているサイトは、以下の二つです。
1、ASK HOTELS http://www.askhotel.co.jp/
2、アップルワールド https://appleworld.com/
空港付近で、24時間無料シャトルバスあり、無料朝食付き、という条件で探すと、
最も安いのが「ラマダ トロント エアポート」なので、大体ここを使っています。
ASK HOTELSのほうが少し安くて、金額も時期によって変動があるのですが、
今4月中だと8300円、5月だと8600円になっています。
シャトルと朝食の代金を考慮すると、それらが無いホテルと比較しても、それほど遜色ない金額になるかと思います。
出発前に日本ですべて処理でき、両替や現地支払いや手配の手間が不要なのも自分にとっての利点です。

(2006年4月15日 りーど キューバ掲示板書き込みより)

今回初のカナダ経由でしたが、今までの「アメリカ→メキシコ」に比べると格段に楽勝でした。これなら一人旅もオッケーですね。
ただ、シャトルバスを運行してくれるホテルじゃないと無理なので、値段は張りますね。
今回は旅行社が手配した「ホリディ・イン」で(以下日本円に換算して)1泊11000円・朝食1800円・夕食にちょっとタクシーで出かけたら、移動費+食事代で6000円でした。

(2006年1月1日 ceria氏 キューバ掲示板書き込みより)

エアカナダでのトロント経由キューバ行きについてご報告を。
エアカナダは、サービスも良く、旅は快適でした。
トロントは、空港でシャトルバスを待つ間はめちゃくちゃ寒かったけど、ホテルの部屋では長袖Tシャツ一枚で過ごせました。
ホテルは、空港にあるインフォメーション画面で探し、というか、セキュリティのお姉さんに
「いちばん安い空港に近いホテルに泊まりたい」と言って出してもらった画面でホテルを決め、マシンに付いている電話機で予約。
1階下に降りて無料のシャトルバスに乗りました。
行きと帰りで違うホテルに泊まってみましたが、どちらも税金など全て含むとCA$91と、ちょっと高めでしくしく。
行きのホテルの朝食は、飲み物1杯とトーストや菓子パンのビュッフェ。内容に不満アリ。
帰りのホテルは朝食込みではなかったのですが、卵料理とフライドポテトにトースト、飲み物も併せてCA$5くらいでした。
ツーリストカードは、飛行機の搭乗口で無料で配られました。
(2005年1月19日 mimi氏 キューバ掲示板書き込みより)


トランジットのトロントの宿は日本で予約したHOLIDAY INNでした。1万円かかったけど快適だったので許します。
(2005年1月19日 ぐらんではぽねす氏 キューバ掲示板書き込みより)

トロントですが、俺はいつも日本で予約して「ラマダ・トロント・エアポート」というところに泊まっています。
空港から無料のシャトルバスで10分ほど、一晩6800円で、朝食はバイキングでパン、果物、ジュース類が食べ放題です。
こじんまりとしたところですが、プールもあるし、まあ一晩寝るだけなので、気にいっています(サービスいいところは高いだろうし)。

(2005年1月20日 りーど キューバ掲示板書き込みより)

【参考】 家族査証について実例

今回ツーリストカードで入国してからファミリービサに書き換えました。
キューバの彼からは「入国時に僕の住所を見せてここに泊まると言いなさい」と言われていましたが、
入国の時点で持っているのはツーリストカードだけだったのでややこしくなる予感がして適当なホテルの名前を書き込んで入管を通過しました。
着いたのが金曜で、ビサ書き換えに行ったのが月曜でしたが問題なく
20分ほど待って出来ました
40Cucの切手はイミグレーションから3分くらいの銀行で買えました。イミグレの入り口で管理してるおっちゃんが道を詳しく教えてくれました。
(2007年3月7日 miki氏 キューバ掲示板書き込みより)

結婚していても、配偶者自宅に宿泊すると違法になるので、これまでは近所のカサ・パルティクラルに滞在していたのですが、
今回は家族査証を取得し、実家に宿泊してみました。家族査証の取得方法はいろいろあるようですが、僕は以下のようにしました。
まず、日本のキューバ大使館領事部で
家族査証(A-2という種類のVISA)を申請。
申請書類(ツーリスト・カード申請のと同じ用紙)と顔写真2枚、パスポートを提出。
申請種類には、キューバで誰に面倒を見てもらうか(配偶者の親の名)と、渡航目的(配偶者の家族に会う)などを書きます。
料金は、配偶者がPREを持っている場合は7000円、持っていない場合は9800円
(うちの場合は後者)。
村田さん来日時に、領事部に在住の届けをし、領事部は既に僕と村田さんの関係を把握しているので、その場で査証を発行してくれました
(パスポートにシールになった査証を貼る)。相手が来日していない場合、すんなり発行してくれるのかは不明。
これで手続き完了かと思ったら、甘かったです。
ハバナに到着し、入国審査を受ける際、VISA所有者用の用紙に必要事項
(渡航目的、誰の所に滞在するか、そこの住所等)を記入し、それを提出
。無事入国。提出した用紙は複写式で、その1枚を渡されます。でも、まだあります。
 「入国から72時間以内にInmigracionに行き登録をする必要がある」「それをしないと帰る時に出国出来なくなる」と言われました。
翌日、革命広場近くのInmigracionに行き(実家から徒歩で行ける距離なのが幸い)、登録手続き。
列に並んでいる間に
5CUCの印紙が必要であることが判明し、近所の銀行で購入。
自分の順番になり、
パスポートと、入国審査の時の用紙を提出し、係官の面接を受けます。
配偶者と、滞在先の家主(村田母)のフルネームを聞かれました。登録完了し、用紙にスタンプを押され、パスポートには登録証明のシールが貼られます。
なお、この登録手続き(既に査証を持って入国した場合)は、自分が1人で行けばOK。
更にその晩、村田さんと家族に「この地区のCDR委員長の所に挨拶して来い」と言われたので、行ってきました。
委員長といっても、とても優しいおじさんで、パスポートと用紙の内容を確認しただけで、あとは世間話をして終わり。これで安心し、堂々と実家に滞在出来ます。
帰国時は、ツーリスト・カードの場合と同じで、そのまま空港に行き、出国審査の所でパスポートと用紙を提出。用紙は回収されます。
という具合でした。
ポイントは、配偶者の親(滞在先の家主)のフルネーム、家の住所を正しく言え、自分の職業もスペイン語で言えるようにしておくこと
(会社員じゃだめ、事務員とか、エンジニアという具合に)位で、手間はかかりますが特に難しいことはありませんでした。
ツーリスト・カードで入国し、現地で家族査証に変更することも可能です。その場合は、Inmigacionに滞在先の家主と同行が必要で、面接がやや長くなるようです。
料金も少しかかるはずです(以前別のサイトに書いてあった)。
また、査証変更するまでは、ホテルかカサ・パルティクラルに宿泊しないといけないと思います(査証変更するつもりである場合、どこまで厳密に取り締まられるかは不明ですが)。

滞在可能な期間は30日です。延長可能で、最長9ヶ月位までOKらしいですが、実際に延長していないので、確かではありません。
(2006年3月17日 YM氏 キューバ掲示板書き込みより)

私は6月にキューバを訪れた際、1ヶ月強滞在しました。
キューバ人の彼の家に合法的に滞在するために(通常友人宅などには滞在してはいけないことになっています)
移民局(イミグレーション)に行き、ファミリービザに書き換えました。

(2005年12月3日 Chiquita氏 キューバ掲示板書き込みより)


3、ツーリストカード tarjeta de turista  の手配

★出発前に日本で用意する場合は、駐日キューバ大使館に申請することができる。料金は2100円。発行まで数日かかる。
★また各旅行代理店でも請け負っており、料金は4000円ほど。即時発行可。
★各経由地(トロント、メキシコシティ、カンクン)でも入手可能。
★トロントは機内でもらえ無料、カンクンはチェックインカウンター向かいの専用カウンターで15ドル、
 メキシコシティーではメヒカーナの空港オフィスで15ドル(2007年5月)、クバーナのカウンターで20ドル(2007年4月および9月確認)

【参考】 トロント経由の場合の入手実例

去年エアカナダを数回利用した際はすべて、搭乗口カウンターでの配布でしたが、今回11月は機内での配布でした。
どちらにしても問題ないと思います。まず搭乗口カウンター(またはさらに早めにチェックインカウンターで確認)で訊けばよいです。
(2005年12月16日 りーど キューバ掲示板書き込みより)

ツーリストカードは、飛行機の搭乗口で無料で配られました。
(2005年1月19日 mimi氏 キューバ掲示板書き込みより)

毎回トロントを使っています。ツーリストカードは搭乗口のカウンターでタダでもらえます。
(2004年12月16日 りーど キューバ掲示板書き込みより)

【参考】 カンクン経由の場合の入手実例

ツーリスト・カードの入手自体は簡単です。
しかし、乗り継ぎ時間にあまり余裕がなく、コンチ便が少しでも遅れてカンクンに着くと、ギリギリになります。
そうなると、ツーリスト・カード入手に数分費やしたがために、ハバナ行きの便のチェックインが遅れ、乗れなくなる、という事態も起こり得る訳です。
なお、ツーリスト・カードを入手してからでないと、ハバナ行きの便にはチェックインできません。

(2005年9月1日 YM氏 キューバ掲示板書き込みより)

はじめカンクンで取得しようと思っていました。
ところが、わたしのトランジットは2時間ほどで、旅行会社の人に時間が短いから東京で取得した方がいいのでは、といわれました。
(2005年9月1日 なみぞう氏 キューバ掲示板書き込みより)

カンクンでは、チェックインカウンターの向かい側(入り口並び)にツーリストカード用(?)のカウンターがあって、
$15くらいで購入できました。去年のことです。
(2004年12月11日 mimi氏 キューバ掲示板書き込みより)

チェックインカウンターの反対側のメヒカーナまたは、その横のエアロカリベ(だったかなぁ?)のカウンターで、
ビザを下さいでOKです。ツーリストカードといっても通じないです。
(2004年12月21日 セニョリータ氏 キューバ掲示板書き込みより)

【参考】 メキシコシティ経由の場合の入手実例

(メヒカーナ空港窓口に)チェックインにいくと、まずキューバのツーリストカードの提示を求められる。
すぐ横の廊下に窓口があり購入できる。169メヒコペソ=15米ドルで購入しチェックインに戻り完了。

(2007年7月1日 りーど キューバ掲示板書き込みより)

私は、メキシコ・シティの空港でツーリスト・カードを10ドルで売っている窓口は知っていますが、カンクンやトロントでの購入は経験していません。
別の掲示板によると、大丈夫なようですが。エア・カナダのハバナ行きを利用すると、ツーリスト・カードは無料らしいです。
(2004年12月9日 YM氏 キューバ掲示板書き込みより)

【参考】 出発前に日本で手配する場合

私もエアカナダでツーリストカードは日本の旅行社で4000円払いました(涙) 
がボーデイングの所で係のお姉さんにそのことを話したら2枚貰えました。次回はもうそれ使うから無駄なお金取られまへん。

(2005年1月19日 ぐらんではぽねす氏 キューバ掲示板書き込みより)

日本でも、キューバ方面の旅行を扱う一部の代理店では、(ボデギータ、アクロスなど)では、ツーリストカードを即時発行可能です。
その場合、顔写真も不要。代金は4000円位です。
エア・カナダ以外を利用し、経由地でのツーリスト・カード入手の方法が確かでない場合は、やはり日本で用意する方が良いかも。
(2004年12月17日 YM氏 キューバ掲示板書き込みより)

今年から、駐日キューバ大使館領事部でのツーリストカード発行料金が大幅値下がりし、2100円になりました。
大使館に行くのが面倒な人は、ちゃんとした代理店で4000円程度。カンクンで買うと15USドル位だったかな?
この価格差は大きいと見られるかも知れませんが、これで余分な不安を持たずに済むのなら、十分納得出来るのでは?
また、日本でのツーリストカードの価格が大幅に下がったのは、きっと「もっと日本人観光客が手軽にキューバに行ってくれるように」という、
大使館の有り難い配慮によるものだと思います。あまり日本で買う人は居なかったら、また元の価格(確か5000円位しました)に戻ってしまうかも。
(2004年12月21日 YM氏 キューバ掲示板書き込みより)

【参考】 エールフランスの場合

パリの場合、無料配布はありません。空港内で入手出来ると思うのですが、どこに行けば良いのか知りません。
以前AFの日本事務所に電話して質問したのですが、電話に出た担当者がキューバのツーリストカードのことを全く知らず、
話が全然通じなく、挙句の果てに「そのようなものは扱っておりません」などと言われ、もう面倒になって日本で用意することにしています。

(2005年1月23日 YM氏 キューバ掲示板書き込みより)


+ ツーリストカードの更新について

★30日間のみ延長できる。手続きは各地(滞在先)の移民局(Imigracion)で行う。

【参考】 更新体験者による実例・情報

サンティアゴ・デ・クーバの移民局の場所説明。
parque ferreiroからgeneral cebreco通りへ進むと、歩いて10分程度でアウトピスタとの分かれ道が出てきますので、
それを右斜め(同じcebreco通り)に入ります(それを入らずまっすぐ行くとアウトピスタ)。
そしてその一つ目の曲がり角を右へ入ると(カジェ13)、すぐ右側にある白い邸宅がinmigracionです。前の歩道に表示も出ています。
もしlonly planetをお持ちでしたら、2004年度版の場合だとP357の地図を見てもらえると道筋がわかりやすいです(その地図の場所からは移動していますので注意)。

(2005年12月17日 りーど キューバ掲示板書き込みより)

去年と今年一回ずつサンティアゴのinmigracionで延長手続きをしました。また今月も滞在時に通って手続きなどを確認してきました。
30日目などにギリギリで更新しに行くのは何か不備があった場合危ないです。俺は二回とも20日目あたりに実施したと思います。
また帰りの航空券がその手続き時に提示必要です。
なので、最初からその延長期間内(入国から31日以上60日以内)の日付に適合した航空券を用意しておく必要があると思います。
航空券以外に必要な書類は、パスポート、ツーリストカード、利用しているカサ・ホテルの名刺または領収書、25cuc分の証紙(sellos)、以上です。
selloはサンティアゴの場合、パルケ・セスペデスにあるBANDECという銀行で購入できます。ツーリストカードの延長のために、といえばすぐわかります。
inmigracionの業務時間は、月・火・木・金の8:30〜12:00、14:00〜16:00、です。サンティアゴは多少コーラ(待つ人たちの列)ができていることもありますが、
それほど人は多くないので、通常は30分くらいでも待てばすぐ対応してもらえ、実際の手続きは(何も問題なければ)10分もかからずにすぐに終わります。
(2005年12月16日 りーど キューバ掲示板書き込みより)

Habana のイミグレーションは、午前中しかその手続きを受け付けてませんでした。
一昨年の時点では、40CUC (だったと思う。まだドルだった)の印紙が必要で、印紙は銀行で購入、Habana のイミグレーションの近くには、銀行はありませんでした。
前もって必要な印紙の金額を調べて、用意しておいた方がいいです。
朝9時から受付開始ですが、8時くらいから行ってた方がいいです。
10時半くらいに「今日の分は締め切り!」って具合に締め切られてしまうので、12時までやっているからとギリギリになって行くと、受け付けてもらえません。

(2005年12月3日 mimi氏 キューバ掲示板書き込みより)

イミグレーションでツーリストカードの延長の手続きもできます。たしか25ペソ・コンベルティブレです。(銀行でその値段分の収入印紙を買って持って行きます。)
私も1ヶ月の有効期間が切れる何日か前にイミグレーションに彼と行き、延長手続きをしました。
私も、延長手続きをした日から30日と聞いていましたが、実際はキューバに入国した日から30日の延長でした。
(州によって違うかもしれませんが。。ちなみに私が手続きをしたのはカマグエイ局です)
ただ気をつけたほうがよいのは、そのイミグレーション、ファミリービザへの切り替えや延長手続きと何度か訪れましたが、いつ行ってもものすごい混雑!!
ちょうどバケーションシーズンだったということもあるかもしれませんが、午前中に行って何時間待ってもその日に手続きされることなく帰った日もありました。
確か・・昼は11時だか11時半に閉まり、午後は1時にまた開き、3時に閉まってしまいます!!)
もちろん、順番まちの列もきちんと日本のように整理券なるものがあるわけもなく、キューバでは常識の最後の人が誰かそこにいる人たちに聞かなければならなかったり。
もしひとりだったら大変だったな〜と感じました。
というように、私の場合は入国した日から数えて30日の延長になりましたがSantiagoではどうでしょう。。
おそらく同じではないか、と思いますが、いろいろと急に変更になったりするキューバのこと。なんとも言えないですよね。。
ちなみにカマグエイ局は水曜日が閉館日でした。

(2005年12月3日 Chiquita氏 キューバ掲示板書き込みより)


4、お金の準備

★以下のようにするとよい。
1、基本は日本円を持参し現地の銀行・両替所(カデカ)でcucに両替して使うこととする。
2、ハバナの空港では現在日本円両替が可能だが(2008年1月より再開)、
状況が変化し不可能な場合もありうるので、空港からのタクシー代などすぐに必要な分として、
ユーロをある程度持参しておき、それを空港内のカデカでcucに両替できるように準備しておく。。
3、滞在中の保管は、長期滞在の場合は、デビットカード(キューバで使われているもの)を入手し、
その口座に入金にするのも手である。
4、おまけ:日本に戻るさいに、次回分のcucを少し持ち帰っておくと、次回は上記2の用意が不要となる

★その他の基本項目
1、米国系のクレジットカード等は使用不可
2、トラベラーズチェックは使える(下記に参考情報あり)

以下、各方法の比較

★円を持参し現地の銀行・両替所でcucに両替する。またはデビットカード口座に入金する
 メリット:金額的に一番お得。 例:10万円→728cuc (137円=1cuc / 2007年6月、サンティアゴBFIにて確認)
 デメリット:日本円を両替できる場所が、ユーロやカナダドルなどに比べて少ない。(ハバナの空港ではできない)
        デビットカード入金の場合引き出せるのは二日後くらいになる。使える銀行も限定される。
 【補足】 
円を現地の銀行に持参し、Dualesなどのデビットカード口座に入金すると、その場で両替するより、レートが約3%お得
       10万円で751cuc
       例:通常の両替137円=1cuc、デビットカード口座への入金 133円=1cuc(2007年6月、サンティアゴBFIにて確認)

★日本で円をユーロに両替し、それを現地でcucと交換する。
 メリット:空港はじめ大半の銀行や両替所で両替可能。
 デメリット:金額的にロスがある。 例:10万円→592ユーロ (169円=1ユーロ / 2007年5月30日成田空港内千葉銀行にて)
                         592ユーロ→706cuc (0.8376ユーロ=1cuc / 2007年5月31日ハバナ空港内cadecaにて)
                         すなわち、141.643円=1cuc計算
★クレジットカードでのキャッシング
 メリット:即返済すれば金額的には円両替とおなじくらい得
 デメリット:カードの不備、設備の不都合(停電、故障など)により現地で使えない可能性

★出発前に日本から自分のDualesなどのデビットカード口座に送金しておき、現地で引き出す。
 メリット:現金を日本から所持していく手間が不要。現地でも必要な分だけ引き出せばよい。またカードとして買い物にも使える。
 デメリット:送金手数料がかかる。 例:500cuc送金=70755円引き落とし (141.51円=1cuc計算、2007年10月4日、Duales)

【参考】 日本およびキューバでの銀行での両替について

7/9にBanco Metro PolitanoのATMで、ライフカードで100CUCをキャッシングしたら、レートは127.84。
7/12に日本のライフ窓口で返済したら、利息が30円加算され、127.84×100+30=12814円の支払い。レート128.14相当です。
ということは、現金両替よりちょっと有利だけど、デビットカードを持っていれば、日本円現金を持参して現地でカード口座に入金する方が有利ですね。

(2006年7月15日 YM氏 キューバ掲示板書き込みより)

日本円から直接CUCに両替するなら、Banco Fianncieroよりも、Banco Metroplitanoの方が
レート1CUC当たり約1円有利です(9月上旬時点)。10万円両替したら、約1000円の差が出ます。
出発前に円からユーロへ両替する際も、銀行によってレートが違います。
成田空港第2ターミナルの出発口(荷物検査する所)の手前で、
三井住友銀行と千葉中央銀行(そんなような名前の銀行)で比べたら、前者の方が有利でした(どれ位の差だったかは忘れた)。

(2005年10月1日 YM氏 キューバ掲示板書き込みより)

【参考】  キューバでの日本円の両替状況実例


両替(2008年7月下旬現在)
 ・ 空港では、円→CUCは約120円、CUC→円は約111円。
 ・ 空港1階の到着ロビーにあるカデカは、日本円との交換可能。(CUC→MNについては未確認。)当日は、行列は数人程度で、すぐ可能。
 ・ 空港2階の出発ロビーにあるカデカは、CUC→MNが可能。日本円への再両替はできず、米ドルかユーロへのみ再両替可能。
(しかも、端数は再両替できず、小銭のCUCに。)

(2008年8月2日 TAL氏 キューバ掲示板書き込みより)

ハバナの空港の両替窓口で、日本円からCUCへの両替が出来るようになっていました。
USドルの流通廃止直後、一時的に空港で日本円の両替が出来たものが、その後ずっと出来なくなっていたのですが、
2008年1月から再開されたようです。
今回の航空チケットを手配したトラベル・ボデギータからもらった情報では、
在庫さえあれば、空港においてCUCから日本円への両替も可能とのこと。

(2008年2月23日 YM氏 キューバ掲示板書き込みより)

サンティアゴで円両替が可能なのはBFIのみ。以前可能だったBICSAは対応不可になっていた(6/19確認)。
(2007年7月1日 りーど キューバ掲示板書き込みより)

いったんトランスカードに入金して、二日後にカデカにでも行っておろせば、それだけで、
今回の場合例えば10万円分だと、その場で両替するより20〜30cuc多く受け取れます。

(2005年12月18日 りーど キューバ掲示板書き込みより)

両替について、自分が確認した範囲でわかったことを書きます。現地での手続きは、円よりユーロが有利(ユーロだけに)と思いました。
円が両替できるところはかなり限られました。例えば、ハバナでいうと、ハバナリブレに隣接しているBanco Financiero Internacional、
カジェ23のマレコン手前左側にあるAirline Building内のBanco Metropolitano、そしてYMさんが書かれているLinea沿いのBanco Metropolitano、
で円を両替できました。これらの銀行は営業終了時間が15時とかなり早く閉まってしまいます。
サンティアゴでは、ホテル・カサグランダ隣にあるBandecで円を両替できます。ここは17時までやってます。
これら以外のところでは、ユーロは両替できるが円は取り扱っていない、というところが多かったです。
例えばハバナでは、コッペリア前のカデカ、ホテル・ナシオナル内のカデカ、サンティアゴでは、ホテル・メリア・サンティアゴ内のカデカ、
プラサ・デ・マルテからプラサ・デ・ドロレスに向う途中にあるカデカ、これらではいづれもそういう状態でした。

(2005年1月5日 りーど キューバ掲示板書き込みより)

ペソ・コンベルティブレ入手について、私が行った時の状況をもう少し詳しく紹介します。これから行く方の参考になれば幸いです。
上記のように、ハバナの空港では、日本円から両替、クレジットカードのキャッシング、TC現金化は不可でした。
両替窓口には「日本円も両替可」という表示があるのですが、係員曰く「今は出来なくなったんです」とのことで、ダメでした。
どの通貨なら両替出来るか、聞くのを忘れました。ATMがあり、本来はそれでキャッシング出来るはずですが、
私が持っていった3枚のVISA(セゾン、三井住友、DC)はいずれも使えず。
個人旅行の場合、ペソを入手しないと、市内へのタクシーのも乗れないので、要注意です。途方に暮れている旅行者を見かけました。
空港外(市中)のCADECAや、一部の銀行では、日本円からの両替、クレジットカードのキャッシングが出来ます。
Banco Metropoliano、Banco de Credito y Comercioにおいて、日本円からの両替が出来ることを確認しました。
私が見た限り、どこのCADECAも銀行も長蛇の列で、かなり待たされそうです。
CADECAでは、キャッシングの人は両替と別も窓口なので並ばなくて良いそうですが。
(2005年1月4日 YM氏 キューバ掲示板書き込みより)

【参考】  クレジットカードでのキャッシングについて

日本円と元に、CUCを入手する際、大雑把に言って、以下の順番で有利になります。
(金融機関やカード会社によって両替レートや利率に差があるので、下記順番が絶対正しい、という訳ではないですが)
1.クレジットカードでキャッシングし、すぐに日本に帰国して返済する。
2.日本円から直接CUCに両替する。
3.日本円をカナダドル又はユーロに両替しておき、それを現地でCUCに両替する。
4.クレジットカードでキャッシングし、そのまま月々の自動引き落としさせる。
1と2は大差なく、しかも1の方法で、日本で返済するまでの日数によっては2と逆転します(何日位で逆転するか、ということまでは分かりません)。
また、3の方法において、レートの悪い金融機関で両替し、一方キャッシングの利率が低いクレジットカードで4の方法を使うと、
3と4の順位が入れ替わることもあり得ると思います(実証はしていませんが)。

(2006年6月1日 YM氏 キューバ掲示板書き込みより)

現金両替の場合、日本円→ユーロまたはカナダドル→CUC(キューバ通貨)と2度の両替をすると、両替のコミッションを2度取られるので、高く付きます。
キューバの一部金融機関で日本円から直接CUCに両替出来るので、それを利用すると有利です(ただし2006年3月現在、ハバナの空港では日本円からの両替不可)。
クレジットカードによるキャッシングは、両替レート自体は、日本円から直接CUCに現金両替するよりも有利ですが、金利が発生します。
一部のクレジットカードでは、月々の自動引き落とし日まで待たずに、カード会社の窓口やATMに出向いて繰り上げて返済することが可能です。
そのようなカードを持っていて、短期間のキューバ滞在で、すぐに帰国して返済出来るのであれば、これが有利な方法になると思います。
普通に月々の自動引き落としまで待っていると、当然金利が大きくなります。
なお、カードでキャッシングすると、レシートには米ドルに換算した金額が表示され、例えば、100CUC引き出したのに、約111と表示されます。
高い率の手数料と取られたと勘違いする人が居ますが、そんなことはないので、ご安心下さい。
現金両替かクレジットカードかの違い以外に、金融機関の選び方も重要です。
日本国内でも、キューバでも、経由するカナダや欧州の国でも、銀行によって外貨両替のレートが結構違います。
また、以前りーどさんが書かれていましたが、キューバの銀行で外貨両替する際、現金で受け取らずにデビットカードの口座に入金してもらうと、レートが有利になります。
また、クレジットカードのキャッシングで自動引き落としにする場合も、金利が一律X%と決まっているものや、
キャッシングする日から引き落とし日または決済日までの日割りで計算するものがあり、最終的な金利額に結構差が生じます。
(2006年5月31日 YM氏 キューバ掲示板書き込みより)

【参考】  キャッシング利用実例
6/4、サンティアゴのカデカにて、スルガ銀行VISAデビットカードからの引き出しに成功。
東京スター銀行のマスターデビットカードは相変わらず不可。
(2007年7月1日 りーど キューバ掲示板書き込みより)

5月の時は、その(ハバナ空港荷物受取場の)両替窓口の横にあるATMで、クレジットカードによるキャッシングでCUC現金を引き出すことが出来ました。
(2007年6月27日 YM氏 キューバ掲示板書き込みより)

べダードのLineaとMの角にあるBanco MetropolitanoにはATMがあり、ここでは私のVISA(セゾン)でキャッシング出来ました。
ATMは夜間も開いています。ただし、150ペソ引き出したら、5ペソ札が30枚出て来て、財布がパンパンになって困りました。

(2005年1月4日 YM氏 キューバ掲示板書き込みより)

【参考】  デビットカード入手・利用実例

トランスカードのご報告。まずボニータの分はボニータの家に4月15日ごろカードができた旨の通知が届きました。
ボニータには何も説明してなかったので、何かわからず興奮してました(笑)。
で21日にオフィスに行きカードを受け取ってきました。後日確認したら俺のメール宛てにも14日に同旨の通知が届いていました(スペイン語と英語の両方で)。
ちなみにこれらの通知にはオフィスの住所が書かれていて、サンティアゴのオフィスはパルケ・セスペデスにあり、
名称は「FINCIMEX」となっています(4月5日に返事をもらった住所は間違っていました)。
で、俺の分はメールも届かず、オフィスで調べてもらってもわからずじまい。実はWebでの申請時最後の画面がちょっとおかしかったんですよね。
で結局申請できていないと判断し、オフィスで直接申請し直しました。係員が直接PCでさらさらっと処理してくれます。
住所はボニータの住所、国籍はクバーノとかってなってましたが問題ないみたい。
死んだとき誰に譲るかっていう項目があったのでボニータにしました(ボニータはニーニョにしてた)。
あとコーディゴ(パスワード)を決めて、申請は終了。
15日後取りに来るように言われたので、その通り取りにいくとちゃんと届いていました。
入金はサンティアゴの場合、バンコ・フィナンシエロでのみ。場所はホテル・メリアのすぐ近く。
カード番号と所有者氏名の明記が必要。50CUC未満の入金は不可。
一方引き出しは各バンコやカデカでも可能。ただし引き出し金額はバンコによって制限あり。ボニータはカデカで引き出したと言ってました。
通常のティエンダでの支払い時の使用は、現在ほぼどこも不可でした。唯一メリアのカフェテリアでボニータは利用できました。
俺はバラデロのビアスールでの支払いに一度利用できました。来週時間を見つけてボニータへの送金にトライしてみようと思っています。


パスワードなどはネットで申請した人(ボニータ)はオフィスでカードを受け取るときに聞かれました。俺はオフィスで申請したのでそのときに最初から聞かれました。
これらはカードと一緒に受け取るコントラート(契約書)に印刷されています。
俺が利用を試したのはサンルイスがほとんどですが、どこもダメでしたね。
通信状況が悪くてダメなときと、カード種別として対応してないときと、あったようで、
後者の場合は米ドルとの変換がどうのこうのとよく説明されましたが、よく理解できませんでした。
同じトランスカードでもトラベルカードというのがあってそっちは使えるといわれたところもありました。

(2005年6月5日 りーど キューバ掲示板書き込みより)

僕がGWに行った際には、CADECAでの現金引出し、ハバナやシエゴ・デ・アビラの大きな商店での買い物に使えました。
クレジットカードよりも使える機会が多い、という感じでした。
空港でもトランスカードから現金引出し可、と村田さんが言っていましたが、僕自身では確認していません。もし本当なら、大変便利だと思います。

(2005年6月5日 YM氏 キューバ掲示板書き込みより)

【参考】  トラベラーズチェック利用実例

habana vieja のOBISPO 257のCADECAでユーロのT/cをCUCの現金に替えました。
その際の手数料は3.5%で、パスポートのコピーではなく原本が必要でした。
レートはドア前のモニターで自動更新しています。2008年2月19日現在の情報です。領収書みながらのかきこです。

(2008年4月26日 ふく氏 キューバ掲示板書き込みより)


5、持込荷物

★滞在中個人使用のための機器は認められるものが多い
★上記目的のノートPCは持ち込み可能。
★2007年5月からあらゆるビデオ(DVD)機器の持込が可能となった(税金はかかる)

【参考】DVD持込について

DVDの持込に対する税金は42CUCでした(2CUCは手数料)
(2007年6月27日 まーき氏 キューバ掲示板書き込みより)

ポータブルDVDについてはラップトップなんかも含めてOKの模様。
で、持ち込み制限2個までのHDは(今までは二つ目は70CUCとかとられた)はこれから実験する予定です。
どちらにせよ税関次第というところもあり微妙なんですよね。

(2007年5月12日 mine氏 キューバ掲示板書き込みより)

昨日メキシコからDVDデッキを2台持ち込んだ友人(キューバ人)は200MNで解放だそうです。
ただし、現在は商品価格300ドルくらいまでの金額上限があり6月1日あたりからその上限が1000ドルとなるとのこと。
で、外人(キューバから結婚して出ている半外国人を含む)はこの税金がCUCとのこと。はっきり言って隠して持ち込んだ前の方がよかったかも・・・

(2007年5月9日 mine氏 キューバ掲示板書き込みより)

下記税関HPにある4月25日付発令99番のところに、
「旅行者と送付手段を通じてのあらゆる種類のビデオ機器の持込を禁止した2002年7月11日付発令311番を、2007年5月1日より廃止する」とありました。
http://www.aduana.islagrande.cu/nuevo.htm

(2007年5月8日 りーど キューバ掲示板書き込みより)

DVDプレーヤー持ち込みに成功。見つかってチェックされたらもうダメだろうという気で持っていったが、チェックされても大丈夫だった。
ブツは7型液晶画面付きのポータブルタイプ。タオルにくるんでそれをビニール袋に入れたものをリュックにつめて持っていった。
同じ商品の画像がネット上に見当たらないので同じメーカーの似た商品の画像を参考までに。持ち込んだのはVCDも再生可能。
http://www.azuma-kk.co.jp/products/dvd/DVD-P701.php
ハバナの荷物チェックでははじめ機械をスルーして出てきたリュックをそそくさとつかみ、何も言われないうちに足早に預け荷物の受け取り場所に向かった。
しかし後ろから肩を叩かれ、もう一度荷物チェック場所に戻るよう促される。この時点でああもうダメだと思った。
厳しい表情で女性担当官が待っていた。どこの国から? 「ハポン」。カバンを開けろといわれ、押し黙ったまま無表情で荷物を取り出した。
わざと関係ないやつから取り出す。はじめ電子辞書がひっかかったようだ。これは?「ディクショナリオ」。開いてチェックされる。
これは保留されたまま次にいきなりカバン中央に位置した例のブツを指された。これは? 取り出しながらボソッと答える、「マキナ・デ・ディスコ」。
最後の手段としてCDを聞くためだけに利用していると思わせるつもりだったので、発言は最低限にとどめた。ブツを手に取り開いて確認する担当官。
そこには液晶画面とDVDの表示がある。万事休すか。
先ほどの電子辞書とあわせて2品を隣のもう一人の担当官に見せて「あーこれらが映ったのか、なるほど・・・」みたいな会話をしている。
彼女はすぐにこちらに振り返り両者をこちらに戻し「グラーシア」と言った。
何事もなかったかのように無表情でふんふんとうなずきブツをいそいそとしまう俺。
だがまだ安心できない。預け荷物を受け取り、出口フロアへ足を踏み出したとき、思い切り脱力した。
日本にいるときからこのことが心配で緊張の極みに達していたが、これでようやく報われた。ボニータの笑顔も見れる。
今回の結論としてはポータブルDVDプレーヤーはOKだ。不可だとしたら据え置き型だろう。
そもそもいろんな技術・形態がクロスオーバーしているこの時代に外観だけでどうやって定義しチェックできるというのだ。
とはいえ今回の経験に限った結論なので、何の責任も持たない。

(2006年7月16日 りーど キューバ掲示板書き込みより)

【参考】ノートPC持込について

パソコン持ち込みの顛末をまだ報告してませんでしたね。
手荷物だとさすがに重いんで、緩衝材にくるんで大胆にもスーツケースに入れました。
当然レントゲンで発見されて、スーツケースを開いて見せることになりました。
特に禁止とか怒ってるとか、そういう雰囲気ではなくて、ワタシでもわかるような簡単な質問だけでした。
「け、えす、えすとー?」「おるでなどーる」
「つじょ?」「しー、えす みお」
「みら、め?」「しー」
「へくしょん(くしゃみ)」「さるー♪」「ぐらしゃす(笑)」
置いて来たので、帰りは持ってませんでしたが、私もそんなことはサラサラ忘れてたし特に聞かれもしませんでした。
DVD再生ができない古モノだったので、どうでも良かったんじゃないかな。

(2006年1月18日 ceria氏 キューバ掲示板書き込みより)

(PCを)2回持ち込みましたが、ノーチェックでした。入るときも、出るときも。
(2005年12月17日 mimi氏 キューバ掲示板書き込みより)

駐日キューバ大使館領事に聞きました。
外国人はキューバにノートPC持込OKです。関税もかかりません。
ただし、自分自身が使って持ち帰るものに限ります。
入国の際、キューバ人にPCをプレゼントするか売ろうとしていると疑われると、取り上げられることがあるようです。
ですから、「これは自分が使い、帰国する際には持ち帰るんだ!」と税関係員に言うように、とのことです。
PCが新品だと(特に販売時の梱包のままだと)、トラブルになる可能性が高そうです。

(2005年11月11日 YM氏 キューバ掲示板書き込みより)

ノートパソコンは持ち込みOKということになってます。DVDドライブ付でもOKです(大使館の方に確認済)。
それでも税関でいちゃモンつけられたという人もいるようですが。
一方、DVDデッキ、ビデオデッキは持ち込み不可です。
(2004年9月16日 りーど キューバ掲示板書き込みより)


6、もっていくと便利なもの

★トイレットペーパー、ポケットティッシュ詰め合わせ (トイレ対応)
★ビニール袋 (買い物、外出対応)
★上着 (車内冷房対応)
★扇子 (停電時の暑さ対応)
★懐中電灯、卓上電灯 (停電時暗さ対応)

【参考】体験談情報

トイレットペーパー、俺も最初のときはYMさんが書いているような形でつぶして持って行きました。
その後それほど多くいらないとわかってからは、100円ショップで売っているポケットティッシュの詰め合わせを持参しています。
これだと持ち歩きに便利です。あといつも持っていくものとしてはビニール袋は常に重宝しています。

(2006年8月15日 りーど キューバ掲示板書き込みより)

女性の方なら、けっこうトイレットペーパーがないところがあったので、これがやっかいかも。
私は、ティッシュ使うの好きじゃないので、家でトイレットペーパーの残り少ないのを、3つくらいとっておいて、
ぺっちゃんこにつぶしてバックパックに入れてきました。
そのうちのひとつを普段歩くときのかばんにいれて持ち歩いていました。はっきりいって、大活躍しました!!
それもハバナの空港に着いたときから。(そのときたまたまかもしれませんが、空港のトイレにもペーパーなかった)

(2006年8月6日 Sachiko氏 キューバ掲示板書き込みより)

観光バスの中は、本当に冷房が効いてます。芯まで冷えます。いろいろすぐ着れるように、席のそばにおいたほうがいいです。
(2006年8月5日 Sachiko氏 キューバ掲示板書き込みより)

特に冷房が効かないのが一番つらかった。
そういうときボニータの家には俺が以前あげた扇子(100円ショップで購入)があったので重宝しました
(というかそもそもボニータの家では停電に関係なくエアコンはもちろん扇風機もないんですが)。
扇子がこんなにありがたいものだとは思ってもみなかった。

(停電のときは)以前に俺が送ったり今回もプレゼントで持っていった複数の懐中電灯卓上・壁掛用の電灯(100円ショップで購入、電池は別売)が大活躍しました。
本来は、もともと家に電気の無いエルマーナを想定してのプレゼントだったんですが、今回特にニーニョがいるのでボニータの部屋で使えてよかったです。
また自分としても夜中に外のトイレに行く際など安心です。ただ電池がすぐ切れてしまうので、それに留意して補充しなければなりません。

(2004年9月6日 りーど キューバ掲示板書き込みより)


7、もっていくと喜ばれるプレゼント

★女性には衣料品、下着、ストッキング、扇子
★男性にはシェイバー、酒
★子供にはお絵かきノート、ペン、文具
★男女共通で腕時計、食品など

【参考】体験談情報

日系の方には、100均で買った野菜の種をこっそり(違法)キューバに持ち込んでプレゼントしたら喜ばれましたよ。
(2006年4月15日 pepino氏 キューバ掲示板書き込みより)

バンダナは確かにみんな大喜びです。ドンキだと100円で買えますよね。
(2005年11月7日 よし氏 キューバ掲示板書き込みより)

小物でいうと、バンダナは性別年齢を問わず人気でした。何かというとそのバンダナいいね〜って感じで言われました(まあ特にほかに目新しいものがなかったからか)。
子供だとお絵かきノートみたいなやつとか。リスバニアもいつも何か絵書きたいんだけどノートやペンがないといった様子です。
先生しているエルマーナは、やはりブックカバーとかホッチキスとかを喜びます。女性は全体的には、下着とかキャミソールとか喜ぶでしょうね。
男にはシェイバー、T字カミソリとか。でも縮れっ毛の場合うまく剃れず。お酒はお祝いのイメージがあるせいか、やはり家族みんな喜びますね。
モノについてはキューバに同じものがあったとしても、デザインやパターンが限られていたりするので、
ちょっとしたものでも、例えば色がピンクとか、綺麗なやつとか、派手なやつとかがあると、ぱっと喜んでくれます。
カサで世話になったセニョーラたちには日本の絵が描かれた扇子などを渡すようにしています。とても喜んでくれます。
腕時計なども一般の人たちは大半が持ってないので、とても喜ぶでしょう。

(2005年11月7日 りーど キューバ掲示板書き込みより)

私がよく持って行くのは、とんかつソース、カレー粉、チャーハンの素とかです。100円ショップで買えるようなのを沢山持っていきます。
意外に人気だったのは、おつまみの小魚です。その他では、親しい女性にはストッキングとかプレゼントします。

(2005年11月6日 えすぽーさ氏 キューバ掲示板書き込みより)

酒的には、ドンキーホーテで泡盛、古酒買って持って行きました。
「ロンみたいだ」と言われました。(自分もあまり変わらないと思った)
殆どドンキーで買ってます、または安くていいのを見つけるためヤフオクとか
衣料品とかが数が少なかったり、高いから喜ばれますね。

(2005年11月6日 ぐらんではぽねす氏 キューバ掲示板書き込みより)


8、治安

★全体的には非常に安全。ただし、引ったくりやスリなどはあり得るので、油断してはダメ
★特に最近、ハバナでは日本人旅行者の被害報告が増えている模様・・・ 
★外出時には必要最低限のモノだけ持ち、派手な服装・装飾品なども控えたほうがよい
★ズボンポケットに現金とカサの名刺・鍵を入れ、その他の必要物はビニール袋に入れ手首に巻きつけておく

【参考】 ハバナでの体験実例

はい、タクシー強盗に遭遇してきました。
みなさん、信用できるキューバ人と一緒でないときは会社タクシーを利用しましょう。過信は怪我のもとですね。

良く行く店だったのですが、こちらがスキを見せてしまったのが原因のようです。
手口は飲み物に目薬をワンショット、潰れたらタクシーパティクラールで搬送。時計などの手持ち品を回収。意識が戻りかけたところで車から降ろす。
大変、合理的な手口でした。教訓。ナイトクラブ等には一人では行かない。当たり前のことですね。
ベダード、メリアコイーバの近所でした。
誰が入れたかは特定できません。しかし首謀者が店側でないことを祈っていますが。
手口から判断して「もしキューバ人と一緒であれば」今回の件は起こらなかったと思います。
なんにしてもまたもや「日本人組み易し」と思わせてしまったわけで、みなさん、御免なさい。

(2008年3月14日・15日・17日 まーき氏 キューバ掲示板書き込みより)

ハバナは、年末ということもあったのでしょうが、1年前よりもかなり治安が悪くなっていた印象。
知人によると、新しい犯罪組織が出来、それは以前からあったものよりもたちが悪くて、キューバ人もかなり被害にあっているそうです。
2度引ったくりにあいましたが、どちらも犯人は子どもです。
しかも、2度目は20人くらいの12−3歳くらいの子どもに集団で襲われました。
初めは盗み目的、次第にチナをいたぶるのが楽しくなって、という印象でした。
子どもだということに大変ショックを受けました。

私が被害にあったのは、、、当然と言えば当然なんだけど、一度目の引ったくりは夜中の3時にセントロハバナの Neptuno で。
1年前はたまに一人でその時間に歩いてたけど、なんの問題もなかったの。でも、もともと危ない場所ではある。
2度目は、Hotel Nacional の前の道で、23時半に。
Hotel Nacional 脇で無料ライブをしていて、ライブ途中で帰ろうとしたところを。
すぐそばには大勢の人がいて、警官もたくさんいたんだけど、ほんの10メートル離れたところでやられた。
ライブ会場から狙われていたのだと思います。
どちらの場合も、飛んで火に入る夏の虫だったと思います。自業自得。
でも、以前は同じ行動をしていても全く問題なかった。のは、運が良かっただけなのかも。

(2005年1月19日・21日 mimi氏 キューバ掲示板書き込みより)

ハバナの空港のカウンターに並んでいたときに知り合った日本人の女の子(20代くらい)の話だとその子は3日間に3回強盗&引ったくりに遭遇し、
カメラ&クレジットカード盗られたそうです。しかも1度は子供だったそうです。

(2005年1月19日 ぐらんではぽねす氏 キューバ掲示板書き込みより)

【参考】 サンティアゴでの体験実例
昨年4月に一度サンティアゴで腕時計をひったくられたことがあります。
薄い革ベルトだったため、手首から引きちぎって持っていかれました。以降ラバーのスポーツウォッチを使用しています。
夜道を一人で歩いていて、時間を訊かれたのをきっかけに少し話していたときに突然やられたんですが、
時間と場所の雰囲気をあとから考えると、時間だけ答えて、あとはダラダラしゃべるべきではなかったと思います。
(そういう交流は昼間安全な場所でおこなう。あとどういう人間かをある程度見極めることも必要)
 
また8月にはボニータがカバンをひったくられました(俺がいないとき)。
(2005年1月24日 りーど キューバ掲示板書き込みより)

【参考】 気をつけること・対策案など

治安面は、僕は恐い目には運良く遭いませんでしたが、
女性の一人歩きはやはり厳重な注意が必要だと思います。ハバナ市内ならば、あまりウロウロ歩き回るよりはタクシーの利用がいいと思います。
あと、街中でカタコトの英語・日本語で声を掛けてくる人はほぼ100%面倒な人たちなので相手にしないのが無難です。
聞こえない・わからない振りして無視したまま素早く通りすぎるのがよろしいかと…
声を掛けてくる人間に引っかからず、あまり人通りの少ない路地に入り込まなければ、「ハバナの危険」は半分くらい減るのではないでしょうか(あくまで僕の感覚ですが…)
僕もほとんどスペイン語も英語もわからない状態で行きましたが、指差し会話帳があると、精神的に大変安心できます。あとは気合で…?

(2006年2月20日 けんけろりん氏 キューバ掲示板書き込みより)

ハバナではまだ何もありませんが、どこであれ、何かあり得るというのは確かなことなので、
少しでも可能性をなくそうと思い、外出時に気をつけていることは(まあ、よく言われることですが)、
1、できるだけ手ぶらで歩く。ズボンのポケットに、お金とカサの鍵・名刺だけ入れて外出。
  ポケットに入らないもの(例えばカメラなど)をどうしても持っていきたい場合は、無地の白ビニール袋に入れて、
  左手首にまきつけて(ネジって中が見えないようにして)持つ。
これだけでかなりの部分は防げると思っておりますが、甘いでしょうか?

またキューバではこういった被害で、強盗・傷害(例:ナイフで脅して金を奪う)のたぐいをあまり聞かないのが、
まだ救いかなと思ったりもしてます(これやられたら上記1も役立たず)。

(2005年1月22日 りーど キューバ掲示板書き込みより)

こんな時は、とにかく大声で「ポリシアー!」(おまわりさーん!)と叫んで大騒ぎすると、効果があります。
キューバの都市部には、かなりの数の警官が路上に居て、不審人物はすぐに発見されます。
私の経験ですが、これで盗まれたデジカメを約10分で奪回しました。
でも、そんな被害に遭わないことが肝心。十分に気を付けましょう。

(2005年1月19日 YM氏 キューバ掲示板書き込みより)

金のネックレスも強引に引きちぎって奪う奴が居るでそうです。
その際、強く引っ張りすぎて首が絞まって死んでしまった人も居るそうです。十分気を付けましょう。
村田さんも、ハバナに行く時はネックレスを付けないようにしています。
道で話し掛ける人も、大半は良い人たちなのに、中には悪い奴が居て、簡単に見分けが付かないのが困りますね。

(2005年1月25日 りーど キューバ掲示板書き込みより)


9、その他注意すべきこと

★キューバ人の結婚相手と外出する際には婚姻証明書を携帯すること
★キューバ人の友人・恋人と外出・交遊する際には日本のようにはいかないので注意すること
★入国審査や職務質問には冷静に対処。うそはつかないほうがいいが場合によっては穏便にすませる手もある

【参考】 体験談・情報など

別項で紹介したMOONのガイドブックの最新版を少しずつ読んでいるのですが、重要な記述を見つけました。
-----------------------------------------------
外国人旅行者がキューバ人の彼氏/彼女と同伴で宿泊する場合に関し。要点のみ。
●ホテルで同じ部屋に泊まることは禁止(これは既にご存知ですね)
●カサ・パルティクラル(合法のカサ、以下同)ならOKだが、バラデロと周辺では同伴宿泊一切禁止。
●カサ・パルティクラルに同伴宿泊する場合、家主がIDを記録する(これもご存知ですね)。
●そのIDの記録は、役所に提出され、データベースに登録される。
●なので、そのキューバ人の過去のカサ・パルティクラル宿泊履歴がチェックされる。
●その履歴チェックで、キューバ人が、過去に同伴した人と別の外国人と同伴した場合、3人目の相手と泊まった時点で逮捕される。
 逮捕されたら、2004年時点のルールで懲役4年になる(やっぱり、厳しいのね)。
●バラデロの場合は例外で、外国人と同伴で宿泊したら、初回時点で逮捕される。
●一方、外国人の方は、一度同伴宿泊したら、そのカサには向こう3ヶ月間は別のキューバ人と同伴することが出来ない。
-------------------------------------------
無許可カサの場合については記述がありません。でも、合法のカサで、これだけ厳しいのですから、
無許可のカサや、相手のキューバ人の自宅に宿泊しているのが見付かったら、相当大変なことになるんでしょうね。

(2006年11月2日 YM氏 キューバ掲示板書き込みより)

初めて友人とキューバを訪れた数年前。タクシーを拾おうとマレコンを歩いていた時、
友人がお喋りしていた女の子二人とコミュニケーションしだし約2時間。すると若い兄ちゃん達が現れ彼女達と口論。
僕達は、彼氏か、彼氏の友人達がきて怒ってるんじゃないかと思っていたら、一人の兄ちゃんが身分証明書を見せてきた。警官だと。全員連行!
まず、徒歩で交番のような所まで行き、そこから彼女達とは別々にパトカーに乗せられ警察署へ。
道中、シエンフェゴス出身の女の子はワンワン泣きっぱなし。ラダのパトカーの後部座席がプラスチック製だったのには驚いた。しかも、尻がスッポリ入る形になっていた。
警察署で彼女達は取調室へ、僕らはロビーで事情説明後(ただ彼女達とお話してただけと)釈放。
僕らは彼女達のことを心配してたが、後日泣いてた子にはマレコンでアミーゴ達とくつろいでいるところに遭遇、無事に釈放された見たいでした。
時季は7月の初め、ちょうど夏休みが始まった頃で取締り強化週間みたいな感じだったらしいです。プレ警官みたいなホント若い兄ちゃん達でした。私服警官にもご注意を!
(2006年4月14日 pepino氏 キューバ掲示板書き込みより)

僕は、1人でレンタカーを運転中、突然警官に止められて職質、というのを何回も経験しています。
レンタカーの貸し出し契約書、パスポートと国際免許証を見せ、「どこから来たか、どこに行くのか、どこに滞在しているか」といったことを聞かれる位で終わります。

(2006年4月11日 YM氏 キューバ掲示板書き込みより)

今回、空港行きのバスに乗るキューバ人男性を見送るため、カピトリオ南側のMONTE通りのベンチでバス待ち中に警官の職務質問に遭いました。
まあ時間が午前4時近くだったこともありますが。でもこれが初めてです。

(2006年4月10日 MC氏 キューバ掲示板書き込みより)

私と友人、彼と彼の兄弟で歩いていたら、彼らが職務質問されました。
話には聞いていたけど、そうか、やっぱりあるのか・・・と。
前にビーチに行きたい、って聞いたら、観光客が多いところは警官が多くていやだ、と言われたのも納得です。
で、超ローカルなビーチに行きました。

(2006年4月10日 pepino氏 キューバ掲示板書き込みより)

前回街でボニータが俺と一緒にいて、初めて警官の職務質問に遭いました。場所はハバナ・リブレ前です。
婚姻証明書を提示して何事もなく済みましたが。ああいうのにあうと、結婚前だったらどうなったかなーと考えます。
当時は何で外を一緒に歩こうとしないんだろうとかいった疑問がありましたが、今ならもっともだと思います。

(2006年4月9日 りーど キューバ掲示板書き込みより)

入国審査で、キューバに来たのかと聞かれたので、短期滞在ビザ申請書類が入ったファイルを窓口に見せたところ、
パスポートと書類一式をいきなり没収され、空港で5時間待たされました。
その後移民局に空港裏口からvanで連れて行かれ、夜の22:00過ぎまで缶詰になり、翌日まで書類を没収されました。
次の日にもう一度移民局に行き、10:00指定のところ、午後3時まで中に入れてもらえず、さんざんな目に遭いました。
翌日日本大使館に全て事情は話しましたが・・この時点で疲労困憊です。

(2006年1月10日 seria氏 キューバ掲示板書き込みより)


10、空港からの交通、空港への交通

【参考】 体験談

ハバナで空港に向かうタクシーは、はじめに道路で言い寄ってきた個人の車を利用した。
ポリシアに見つかるとまずいので、裏道みたいなところを通り、しかも空港入り口までは行けずに、かなり手前で降ろされ、玄関までとことこ歩いた。
空港近くまで行くペソ払いグアグアやマキナがあるようだが、あのルートを通るんだろうか。
まあ普通に払うんなら正規のタクシー使ったほうがお得。

(2006年7月21日 りーど キューバ掲示板書き込みより)  ※この個人タクシーは10cucだった

ハバナ市内ベダードあたりから空港へ向かうタクシーで、運転手が15cucでどう?と持ちかけます。
空港から市内だともっと高い(今回は20cuc)のでおいそれと話にのりそうですが、
熟知していた俺は「いやメーターがあるんだからそれにしよう」とそっけない返事。
着いてみると12cuc。なんか申し訳ないような気もしましたが、運転手は最後までふてくされずに俺たちを送り出してくれました。

(2005年12月19日 りーど キューバ掲示板書き込みより)


11、インターネット

★ホテルやEtecsa(電話会社)でのインターネットコーナーで可能
  Etecsaは1時間6cuc、ホテルはもう少し高い
 一部ホテルではPC持参して無線LANの利用も可能だとか

【参考】 現地のインターネット環境情報

2008年7月から8月、一ヶ月間行ってきました。
インターネット環境が不便になってました(涙)。
まず、ETECSAのブースにinternetと書かれているところでも、コンピューターもなければ
ネット接続のためのカードも売られていませんでした。
結局、自前のノートパソコンを持っていって、ホテル・ナシオナル(1時間8ドル)か、
コイーバ(2時間12ドル・・・2時間からない)のものを使いました。
ナシオナルは、あの美しい中庭、コイーバは、ソファがいっぱいあるロビーないし、
カフェで無線LANが使えます。ただし、速度はダイヤル接続なみに遅いです・・・
ちなみに、ドリンクなどは頼まなくても何も言われませんでした。

(2008年8月27日 chinaloca氏 キューバ掲示板書き込みより)

日本語の表示が可能なものは、ハバナではホテルハバナリブレで発見(他は未確認)、
サンティアゴのメリアホテルでは「無い」と言われたが・・・。
空港では、1階屋外のエテクサ公衆電話ボックス内の1台のみあり。屋内には無し。

(2008年8月2日 TAL氏 キューバ掲示板書き込みより)

1年前友人がメリア・コイーバのロビーで無線LANで持参したPCでインターネットが出来たとのこと。
料金も、ホテルのPCを使うよりも割安だったとか。
宿泊は、カサ・パルティクラルにしていて、ホテルには宿泊していませんでした。

(2008年6月5日 Mimi氏 キューバ掲示板書き込みより)

パソコン持参しましたがインターネットカフェでは繋げれないと言われました。
前は日本語でも見れたとこが文字化けで駄目でした。
結局パソコン持参しても意味がありませんでした。

(2008年6月4日 rainbow氏 キューバ掲示板書き込みより)

1、ホテル・メリア、8.00-22:00、1時間6CUC、30分単位は廃止
2、ETECSA(パルケ・セスペデス)、1時間6CUC、変化なし
3、メガセンは休止中
4、ホテル・リベルタのインターネットPCは廃止
5、Correos(郵便局)2FのインターネットコーナーはPC4台あり営業中だが旅行者は利用不可。
1Fに掲示されている料金表には「Clientes Internacionales 4.50cuc」とあるが、これは以前のもので現在無効とのこと。
キューバ人(及びカルネ所持の外国人学生など)は1時間1.50CUCで利用可能らしい。電子メールも同料金。
※おまけ
・ハバナ空港内インターネットコーナー、30分5cuc、PC3機あり
・メヒコ空港内インターネットカフェ、30分3米ドル、24時間営業

(2007年7月1日 りーど キューバ掲示板書き込みより)

Hotel Nacional de Cubaのネットカフェの担当者は凄腕。
日本語OSの持ち込みノートをマウスに殆ど触ることなく、瞬時にネット使用可能にしてくれました。
料金は備え付け使用のものと同じ。プリントアウトも可能。営業時間と価格が難点ですが。
また最近水族館の隣のホテルに24時間使用可能なネットルームがオープンしました。
メリアコイーバの2階と並んで体感速度、市内最速、です。

(2006年12月4日 まーき氏 キューバ掲示板書き込みより)